救急医 ざわさんのブログ

東京の病院で三次救急をやっています.自分の日常診療の知識のまとめをしたり、論文や本を読んで感想文書いています。日常診療の延長でブログを始めました.ブログの内容の実臨床への応用に関しては責任を負いかねますので,各自の判断でお願いします.内容や記載に誤りや御意見がございましたらコメント頂ければと思います.Twitterもやっています(https://twitter.com/ryo31527)

けいれんした小児の初療について

先日、小児のけいれん重責症例で、初療に難渋した症例があったのでまとめてみました。結果的には、他院へ転送になった症例なので、それが「熱性けいれんの重責状態」であったのか「脳炎などによるけいれん重責」だったのか、分かりません。 小児の場合は、熱…

血糖管理の話 インスリン持続静注

お久しぶりです。本日は集中治療室における血糖管理についてです。 重症患者において、なぜ血糖コントロールを必死にやらなければならないのか、文献的背景を踏まえて解説したうえで、実際にどのように血糖コントロールを行うのかまとめてみたいと思います。…

代謝性アルカローシスの話

本日は病棟ではよく見るけれど、なかなか理解の進まない「代謝性アルカローシス」の話です。 代謝性アルカローシスの理解をするうえで、 1、腎臓における重炭酸イオン調節の(簡単な)生理学2、代表的な代謝性アルカローシスの原因とその病態生理3、実際にど…

【1人抄読会】分娩後の大量出血にトラネキサム酸が有効

今回は、少し前にLancetで発表された “Effect of early tranexamic acid administration on mortality, hysterectomy, and other morbidities in women with post-partum haemorrhage (WOMAN): an international, randomised, double-blind, placebo-control…

【1人抄読会】急性冠症候群患者においてTroponinT測定できるときはCK-MBは測定不要?

今回から趣向を変えて、気になった論文にも考察を加えていこうと思います。 本日読んだ文献は2017年8月にJAMAのSpecial communicationに掲載されたEliminating Creatine Kinase–Myocardial Band Testing in Suspected ACS | Acute Coronary Syndromes | JAMA…

甲状腺機能低下や粘液水腫性昏睡の話

お久しぶりです。今回は、甲状腺機能低下症についてまとめてみました。 既往に甲状腺機能低下を持っている患者さんは一般病棟などでもよく見かけますよね。 ■甲状腺機能低下の疫学 入院患者の1%程度で見られると言われています。 続発性は原発性の1/1000程…

肝損傷に関して

今日は、肝損傷に関するまとめです。 以前脾損傷のまとめを作成しましたが、今回は鈍的腹部外傷の中で最も頻度の高い肝損傷についてです。 ポイントとしては、いつも通り肝損傷の分類、治療、合併症の順に整理していきたいと思います。 ■肝損傷の分類 日本外…

心房細動についての話

今回は、よくある質問シリーズとして「病棟で心房細動の患者さんを見つけたらどうすれば良いのか」という話です。 今回のポイントは、 「心房細動は3つに分類される、初期対応にDCもしくは薬剤が必要になることもある、CHADSスコアを評価したうえで、抗凝固…

高K血症の初期対応とGI療法の実際

簡単なメモ書きです。 一般的に高K血症の初期対応として、カルチコール®の静注やGI療法など行われることが多いと思われますが、GI療法など割と慣習的にインスリン混注量を決めていたので、少し勉強してみました。 ■高K血症の初期対応 以下は循環器系のガイド…

軽症頭部外傷の話

お久しぶりです。本日、救急外来でサッカーの試合中に味方と激突して一過性意識消失を起こした患者さんが受診されました。頭のCTを取るのか、競技への復帰はどうするのか等議論になりましたので、軽症の頭部外傷に関して今回はまとめてみました。 基本的には…

BNPの話

最近、話題になったBNPの話です。 呼吸不全の患者さんでBNP値が高いから心不全だ、低いから心不全ではない、と実際の臨床ではやり取りがされることも多いと思います。本当のところ、どのような運用が良いのか気になったのでちょろっと調べてみました。 ■BNP…

脾損傷に関して

今日は、脾損傷に関するまとめです。 脾損傷は、腹部の鈍的外傷の中では肝臓に次いで受傷することの多い臓器です。 ポイントとしては、目の前の脾損傷に対して、NOM(non operative management)が完遂できるのか、TAEを行う場合にどのように塞栓するのが良…

グリセレブ®の話

最近脳出血患者さんが多く、浸透圧利尿薬を使用する機会が多いため、本日は濃グリセリンおよびマンニトールについて述べたいと思います。 当院では前者はグリセレブ®、後者はマンニトール®が採用になっています。 ■浸透圧利尿薬の薬理作用 基本的には、「利…

気管支喘息患者の人工呼吸器管理について

最近、気管支喘息患者の担当になったので治療や呼吸器管理のポイントをまとめてみました。 気管支喘息患者に人工呼吸器管理が必要となった場合は、 ■気管支喘息の急性期治療 ■人工呼吸器管理をする際の注意すべきポイント の2つに注意すれば理解が進むかと思…

救急集中治療領域で使用する 鎮静薬の比較

今回は、研修医の先生から質問の多い、鎮静薬についてのまとめです。 集中治療領域で主に用いられる「鎮静」薬をそれぞれ比較しながら使用するとよいと思います。 プロポフォール、ミダゾラム、デクスメデトミジンの3つがしばしば用いられます。 ■プロポフォ…

輸液や栄養に関する基本

今回は,日常臨床で行う輸液/栄養療法に関してシンプルにまとめてみました. 語り始めるときりがない分野(栄養開始のタイミングとか,どういうセッティングでどこまでカロリー目標を達成するかと,嚥下の問題とか)でありますので今回は基本的な部分のみまと…

創傷処置と縫合糸の種類

さて,記念すべき第1回目は研修医の先生と話題になった創処置に関する一般論です. <内容> 1,創傷の分類 2,縫合する際に気をつけたいこと 3,縫合する際の手順 なかなか一般化するのが難しい分野ですが,何科にいっても創の縫合は行う可能性があります.…

ブログを始めました

地方国立大学を卒業後,東京の市中病院で2年間初期研修. そのまま救命センターの後期研修医として残って2年目になります. 自分と自分の後輩研修医達のレベルアップを目指して,今後は記事を書いていきたいと思います.